オーダースーツなら経営者向けスタイリッシュなスーツ仕立屋の「志スーツ」|名古屋、愛知

営業時間 10:00~19:00 定休日 日曜日

052-757-5573
営業時間 10:00~19:00

志スーツ

オーダースーツなら、経営者向けスタイリッシュなスーツ仕立屋の「志スーツ」へ

志スーツBLOG

この記事に関連するタグ

これだけ知っておけば大丈夫!弔事での装いルール。

2017年3月8日オーダースーツ, 着こなし

こんにちは。

名古屋でオーダースーツ販売をしている、志スーツの篠田です。

本日はお葬式などで着用するブラックフォーマルの基本的な着こなしルールをブログに書いてみようと思います、

シンプルな内容ではありますが、公の場面で恥をかかない為にも覚えておいて損はないので是非最後まで読んでみてください。

o0220027513754699051

ポイント①:シャツ

白・レギュラーカラーが基本。
衿型はセミワイドなどでも大丈夫ですが、ボタンホールやカラーボタンシャツ、ボタンダウンのようなカジュアル寄りのシャツは避ける。

o0230035013754699053

ポイント②:ネクタイ・ネクタイピン

黒無地ネクタイ、結び目のディンプル(くぼみ)とネクタイピンは不要。
ディンプルはお洒落に見せる為であり、弔事の時はディンプルを入れない。

o0640035013754699054

ポイント③:靴・靴下

黒無地・黒革靴は金具が無い物が基本。
革靴はストレートチップorプレーントゥ。

o0450035013754699052

ポイント④:パンツの裾

シングル仕様。
ダブルはカジュアル寄りになります。

ポイント⑤:ベント

本来はノーベントが正しいルールですが、略礼服ではセンターベントが入っていても大丈夫です。

ポイント⑥:ポケットチーフ

チーフはお洒落の象徴なので不要。

 

ブラックフォーマルはあまり着用しない洋服ではありますが、キチンとしたサイズ感のブラックフォーマルは一着準備しておくのも紳士として大切なマナーの一つです。

サイズがブカブカな方は、見た目が悪く古臭い印象を与えてしまいますので、体に合ったシルエットのキレイな服を準備する事をオススメします、しかしこれは自分だけを見ていると分からないのですが、お焼香の時など他の人と並んだ時にその差が歴然と分かります。

いかがでしたでしょうか?

一番多いのがネクタイのディンプルです、普段からお洒落にスーツを着こなしている方が特にこの傾向にありますので、参考にしていただけたら幸いです。

 

The following two tabs change content below.
志スーツ 代表 篠田直希

志スーツ 代表 篠田直希

こんにちは 仕立屋 志スーツ 代表の篠田直希です。 大学卒業後、JR名古屋髙島屋に就職、オーダーワイシャツ売場に配属された事でオーダースキルを習得。カジュアルの軽衣料からスーツの重衣料まで幅広く紳士服の知識を付けました。 そして『人生の大切な瞬間に華を添えるような1着を作りたい!』という想いでこの仕事を始めました。 どんな方でも人生で輝く瞬間があり、そこで着用する服はご自身が一番気に入っている服を選ぶはずです。 大切な瞬間に選んで頂けるような〝最高の1着〟、いつもこの考え方をベースに真剣にご提案します。 またお客様の専属スタイリストとして、着こなしのコツやルールお伝えし、ビジネス・プライベートともにお客様の人生がより輝くようお手伝いをさせていただきます。
志スーツ 代表 篠田直希

最新記事 by 志スーツ 代表 篠田直希 (全て見る)


オーダー事例