オーダースーツなら経営者向けスタイリッシュなスーツ仕立屋の「志スーツ」|名古屋、愛知

営業時間 10:00~19:00 定休日 日曜日

052-757-5573
営業時間 10:00~19:00

志スーツ

オーダースーツなら、経営者向けスタイリッシュなスーツ仕立屋の「志スーツ」へ

志スーツBLOG

この記事に関連するタグ

オーダースーツがなぜ高価なのか?

2017年1月11日オーダースーツ, 名古屋, 志スーツ

こんにちは。

名古屋でオーダースーツ販売している仕立屋 志スーツの篠田です。

世の中には紳士服のお店が専門店や量販店も含めると無数にあり、そこに行けば一着19,800円や二着で29,800円など安価で購入できるスーツが山のようにあります。

激しい価格競争があり低価格でそれなりのスーツが買える時代に、なぜ高価なスーツを販売する必要があるのか?

なぜオーダースーツは高価なのか?

どこが高級なのか?

仕立ては何が違うのか?

生地の違いでそこまで変わるのか?

などの疑問を持つことが多いと思います。

凄く初歩的な内容かもしれませんが、今日はそういった部分にフォーカスしてブログを書いてみようと思います。

生地

まずオーダースーツを作るのに必要な生地をお選びいただくポイントは大きく分けてみ3つあります。

①メーカー・・・イタリア系・英国系を中心に、ミルと呼ばれる自社生産メーカー、マーチャントと呼ばれる商社

②質感・・・基本は縦糸と横糸の織り方、使用している糸の本数(密度)にの差による打ち込み

③光沢感・・・染料時に使用する水が大きく影響し、イタリア生地の光沢感は日本では出せない光沢感です。

cimg4811

仕立て

高級スーツは仕立てが良いと言われています。

では、この仕立てが良いってなに?

一言でいえば、スーツが出来上がるまでの工程が多く複雑であるということ。

そして、その中で最も重要なのが「毛芯」です。

1606241

毛芯とは、ジャケットの前身頃の裏についており、既製品で販売されているほとんどのスーツは接着芯が使われています。

接着芯とは糊のようなもので、スーツ生地の裏にそのまま貼り付けます。日本では湿気が多いのでどうしても生地が水分を吸ってシワがでます。接着芯を使うことで、無理やり生地と糊で固定するため、生地は伸び縮みがしにくくなるために、シワはできづらくなります。

しかし、高級スーツでは絶対に接着芯は使いません。

志スーツがお世話になっている国内縫製工場は総毛芯に固執しています。

とりわけソフト毛芯は、前肩胸部に本バス(馬の毛)を入れ、着心地の良さと胸部形態安定を図り、簡易仕立ての半毛芯は一切使用しませんので、既製スーツとは圧倒的な着心地の違いを感じていただける自信があります。

シーズンが終わったらリサイクルショップやオークションで転売してしまうようなスーツではなく、時間と手間そしてお金を掛けた高価なスーツを作り、長くお客様に愛用していただけることこそが私達が一番望む願いとも言えますね。

いかがでしたでしょうか?

少し専門的な内容もありましたが、オーダースーツが高価になる理由はご理解いただけたでしょうか?

逆に考えると、凄く安価なオーダースーツの場合は見えない仕立て部分でコストダウンをしているという事がお分かりになるかと思います。

極端に言えば、価格にこだわるかor質にこだわるか、お客様がどう着用したいかによってご利用になられるテーラーさんをお選びになると良いかと思います。

最後まで読んでくださり、誠にありがとうございます。

The following two tabs change content below.
志スーツ 代表 篠田直希

志スーツ 代表 篠田直希

こんにちは 仕立屋 志スーツ 代表の篠田直希です。 大学卒業後、JR名古屋髙島屋に就職、オーダーワイシャツ売場に配属された事でオーダースキルを習得。カジュアルの軽衣料からスーツの重衣料まで幅広く紳士服の知識を付けました。 そして『人生の大切な瞬間に華を添えるような1着を作りたい!』という想いでこの仕事を始めました。 どんな方でも人生で輝く瞬間があり、そこで着用する服はご自身が一番気に入っている服を選ぶはずです。 大切な瞬間に選んで頂けるような〝最高の1着〟、いつもこの考え方をベースに真剣にご提案します。 またお客様の専属スタイリストとして、着こなしのコツやルールお伝えし、ビジネス・プライベートともにお客様の人生がより輝くようお手伝いをさせていただきます。
志スーツ 代表 篠田直希

最新記事 by 志スーツ 代表 篠田直希 (全て見る)


オーダー事例