オーダースーツなら経営者向けスタイリッシュなスーツ仕立屋の「志スーツ」|名古屋、愛知

営業時間 10:00~19:00 定休日 日曜日

052-757-5573
営業時間 10:00~19:00

志スーツ

オーダースーツなら、経営者向けスタイリッシュなスーツ仕立屋の「志スーツ」へ

志スーツBLOG

噂のZOZOSUIT

2017年11月23日オーダージャケット, オーダースーツ, トレンド, 名古屋, 志スーツ, 未分類

昨日発表されたZOZOTOWNのZOZO SUIT。

ネットニュースでも賑わっていますね。

http://zozo.jp/sp/zozosuit/

AIによる採寸がどれだけ正確なのか、興味もあり早速お試し購入してみました。

(届くのは年明け1月なので少し先になります)

人が服に合わせる時代から、

服が人に合わせる時代

ZOZO SUITでも表現している言葉ですが、私のやっている仕事も服が人に合わせる世界の話です。

ここで問題になってくるのがいくら正しい採寸ができ、正しいサイズでオーダーを入れても、その方にとって本当に着心地の良い服にはならないということ。

人には十人十色の体型があり、他にも事故や怪我による左右非対称などの細かいクセや曲線などマシンメイドで作るには限界があり、そういった部分の補正には必ず技術力の高い職人の力が必要になります。

今回のZOZO SUITがどういった縫製工場を使用するのかは分かりませんが、採寸時に目視で確認するシワの出方や肩の下がり方などは数字だけでは分からないということです。

例えば、オーダーの世界では販売価格が不透明だというデメリットがあります。

同じブランド生地を使ったスーツであってもA店とB店で2万円値段が違うなんて事もあります。

もちろん大手など生地購入時のスケールメリットはありますが、一番の原因は縫製料金いわゆる加工に掛かるコスト(手間)です。

クオリティの高いブランドの生地を使って安い加工をすればそれなりの服になり、逆にクオリティの低い生地であっても加工が良ければ着心地の良い服になる世界と言った方が分かりやすいかと思います。

AI化が進んでいくのは確実ですが、オーダーの洋服で一番大切なのは縫製技術です。

今世の中にはあるビジネスの中でAIにより新しい価値が生まれてくることは楽しみですが、どこまで進歩しても人間でなければできない部分はあると私は思っています。

今回のZOZO SUITも実際に作ってないので正確には分かりませんが、また試着した結果をレポートさせていただきます。

The following two tabs change content below.
志スーツ 代表 篠田直希

志スーツ 代表 篠田直希

こんにちは 仕立屋 志スーツ 代表の篠田直希です。 大学卒業後、JR名古屋髙島屋に就職、オーダーワイシャツ売場に配属された事でオーダースキルを習得。カジュアルの軽衣料からスーツの重衣料まで幅広く紳士服の知識を付けました。 そして『人生の大切な瞬間に華を添えるような1着を作りたい!』という想いでこの仕事を始めました。 どんな方でも人生で輝く瞬間があり、そこで着用する服はご自身が一番気に入っている服を選ぶはずです。 大切な瞬間に選んで頂けるような〝最高の1着〟、いつもこの考え方をベースに真剣にご提案します。 またお客様の専属スタイリストとして、着こなしのコツやルールお伝えし、ビジネス・プライベートともにお客様の人生がより輝くようお手伝いをさせていただきます。
志スーツ 代表 篠田直希

最新記事 by 志スーツ 代表 篠田直希 (全て見る)


オーダー事例