オーダースーツなら経営者向けスタイリッシュなスーツ仕立屋の「志スーツ」|名古屋、愛知

営業時間 10:00~19:00 定休日 日曜日

052-757-5573
営業時間 10:00~19:00

志スーツ

オーダースーツなら、経営者向けスタイリッシュなスーツ仕立屋の「志スーツ」へ

志スーツBLOG

この記事に関連するタグ

正しい着丈の目安はこちら!

2017年3月11日オーダージャケット, オーダースーツ, ジャストサイズ

こんにちは!

名古屋でオーダースーツ販売をしています、志スーツの篠田です。

私は洋服は色や柄・デザインよりもサイズ感を重視することをオススメします。

スーツやジャケットをお仕立て頂く際、肩・胸・胴・袖など多くのサイズを測り、お客様一人一人の体型やスタイルに合わせて決めていくのですが、その中で見た目の印象を大きく左右するポイント、それが着丈です。

 

「短いのは流行りで足が長く見える」

「着丈が長すぎないのがちょうど良い」
こんなことが多くのサイトに書いてあると思います。しかしこの情報だけではあまりにも曖昧ですね。

着丈とは文字通り服全体の丈の長さのことをいい、一般的には襟の付け根から一番下までの長さのことを指します。

スーツの場合、基本はお尻が全て隠れる長さですが、最近は少し短くなりお尻の1/3ほど見えるのが標準になっています。

あくまでも参考値ですが基本の目安は

身長−23㎝÷2 となります。

例えば身長175㎝であれば

175-23=152

152÷2=76㎝ となります。

しかし、恐らく今この長さのスーツを着たら長く感じる方がほとんどだと思います。

今風の少し短めではこのサイズより3〜5㎝短くします。

ジャケパン用のジャケットに関して言えば、スーツよりもさらに1㎝〜2㎝短くコンパクトにする事でバランス良く着ることができます。

これはもちろん人によって要望は違いますので、あくまで目安で絶対正しいと言う訳ではありません。

大事なのは、

「スーツを着てどんな見られ方でいたいのか」です。

ご自宅にある洋服から一番バランスの良い着丈を確認し、自分にあった最適な着丈を見つけてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
志スーツ 代表 篠田直希

志スーツ 代表 篠田直希

こんにちは 仕立屋 志スーツ 代表の篠田直希です。 大学卒業後、JR名古屋髙島屋に就職、オーダーワイシャツ売場に配属された事でオーダースキルを習得。カジュアルの軽衣料からスーツの重衣料まで幅広く紳士服の知識を付けました。 そして『人生の大切な瞬間に華を添えるような1着を作りたい!』という想いでこの仕事を始めました。 どんな方でも人生で輝く瞬間があり、そこで着用する服はご自身が一番気に入っている服を選ぶはずです。 大切な瞬間に選んで頂けるような〝最高の1着〟、いつもこの考え方をベースに真剣にご提案します。 またお客様の専属スタイリストとして、着こなしのコツやルールお伝えし、ビジネス・プライベートともにお客様の人生がより輝くようお手伝いをさせていただきます。
志スーツ 代表 篠田直希

最新記事 by 志スーツ 代表 篠田直希 (全て見る)


オーダー事例