オーダースーツなら経営者向けスタイリッシュなスーツ仕立屋の「志スーツ」|名古屋、愛知

営業時間 10:00~19:00 定休日 日曜日

052-757-5573
営業時間 10:00~19:00

志スーツ

オーダースーツなら、経営者向けスタイリッシュなスーツ仕立屋の「志スーツ」へ

志スーツBLOG

男の気配り【シューズ編】

2018年7月12日TRIPLETTA, これさえ覚えておけば大丈夫, トリプレッタ, フォーマル度, 志スーツ, 知識

こんにちは!

オーダーサロン COCOROZASHI SUITの篠田です。

少しずつブログに書かせていただいている男の気配りシリーズ、第4弾は【シューズ編】をご紹介させていただきます。

※過去に書かせていただいた内容も良ければご確認ください。

1弾【肌着編】

2弾【ジャケットのボタン編】

3弾【シャツ編】

スーツを着用するビジネスマンが服の力を利用していることは海外では昔から取り入れられていますが、日本では意識している人が少ないというのが現状です。

しかし人がやっていないことだからこそ、そこに目を付けている人は服の力を武器にしているのも事実です。

私個人としても絶対にこうしてくださいとは言いませんが、少しでも皆様の知識としていただきTPOに応じ自由に取り出しながら使っていただければ良いかと思っております。

それでは本日も最後までお付き合いください、よろしくお願いします。

 

足元に最大限の気配りをする

まず意識をしていただきたいのが

〝男性の足元はご自身が思っている以上に見られている〟ということ。

汚れ、すり減った靴底や踵、つま先の傷などは電車の中やエスカレーター、社内の会議中などでは意外と目に付いて目立っています。

〝お洒落は足元から〟という言葉が存在するように、どれだけスーツ姿がキレイでも足元が汚れていれば台無しだということです。

ビジネスに適した革靴は?

スーツスタイルを前提としたビジネスルールは〝ヒモ付きの革靴〟です。

たまにジャケパンスタイルで合わせやすいローファーを履かれている方もいますが、スーツには不適切となるので注意してください。ローファーはカジュアルの分類に入るので、フォーマルとカジュアルが混在してしまっているのが理由です。

ただし、ヒモの代わりにベルトが付いているモンクストラップはスーツスタイルでも対応できるため、スーツとジャケパンの両方をお召しになる方にとっては一番使い勝手の良い靴になります。

※参考:フォーマル性は以下の順番

ストレートチップ → プレーントゥ → ウイングチップ → Uチップ → ローファー

img_0579.jpg

 

靴の作り方にこだわる

現代の靴の製法は主に4通りに分けられます

1.手縫い

2.グッドイヤー・ウエルト式

3.マッケイ式

4.セメント式

手縫いはフルハンドメイドのため、高価格、手間ひまが掛かる、重さがある、履き心地が良いのが特徴。(参考価格:数十万円)

一般的に売られているのが2~4で以下のような特徴が挙げられます。

 

2.グッドイヤー・ウエルト式 (参考価格:4~9万円前後)

手縫いで行われていた部分を機械で対応、伝統的な部分を技術の進歩で機械に頼ったというイメージです。

靴底の交換が何度でも可能、脚への馴染みが良い、重厚感があるのが特徴。

手入れしながら履けば10年以上長持ちさせることができ主に英国・アメリカ製の靴がこの手法を取り入れています。

 

3.マッケイ式(参考価格:3~6万円前後)

グッドイヤーが外側部分を縫い付けているのに対し、マッケイは靴の中の縫い付けているため縫い目が外から見えないタイプ。

甲と底が一体化しているような状態なので、見た目がシンプルでスッキリ足に馴染みやすいが、底の交換が困難なのが特徴、主にイタリア製の靴がこの手法を取り入れています。

 

4.セメント式(参考価格:2万円以下が多い)

量産目的で甲と底を接着剤を使用して貼り付けている方式。

たまに底が剥がれたり外れてしまう靴を目にするが、それらはセメント式を採用しておりほとんどが使い捨てタイプ、高価なスーツに合わせるとスーツ自体が安っぽく見える危険性が高いのが特徴。

img_7389.jpg

 

正しいヒモの通し方

革靴のヒモの通し方はパラレルとシングルが中心になります。(以下参照)

こんお2種類のどちらかを選んでいただければ大丈夫ですが、どちらがクラシカルだと聞かれたら私は〝パラレル〟とお答えします。

 

c0306672_19375579

 

今回は、男の気配りとして〝シューズ〟に焦点を当ててみましたがいかがでしたでしょうか?

この他にも重要なメンテナンスがありますが、最近では多くの方が靴を磨くという作業を積極的にされていますので今回は割愛させていただきます。

良い靴は履きこむほどに味が出て同時に愛着も沸いてくるものです、最低3足以上でローテーションしこまめなメンテナンスをしていただけば本当に10年履くことが可能なアイテムなので、年輪を感じさせるような大切な一足を手に入れてみるのも素敵な経験ができると思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

オーダーサロン COCOROZASHI SUIT

TEL 052-757-5573

MAIL n.shinoda@cocorozashi-suit.net

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
志スーツ 代表 篠田直希

志スーツ 代表 篠田直希

こんにちは 仕立屋 志スーツ 代表の篠田直希です。 大学卒業後、JR名古屋髙島屋に就職、オーダーワイシャツ売場に配属された事でオーダースキルを習得。カジュアルの軽衣料からスーツの重衣料まで幅広く紳士服の知識を付けました。 そして『人生の大切な瞬間に華を添えるような1着を作りたい!』という想いでこの仕事を始めました。 どんな方でも人生で輝く瞬間があり、そこで着用する服はご自身が一番気に入っている服を選ぶはずです。 大切な瞬間に選んで頂けるような〝最高の1着〟、いつもこの考え方をベースに真剣にご提案します。 またお客様の専属スタイリストとして、着こなしのコツやルールお伝えし、ビジネス・プライベートともにお客様の人生がより輝くようお手伝いをさせていただきます。
志スーツ 代表 篠田直希

最新記事 by 志スーツ 代表 篠田直希 (全て見る)


オーダー事例